日常

道端でぎゃん泣き…子どもも辛いし親も辛すぎます…

風が吹いて寒い日のお出かけ

お母さんはバギーを押して

お父さんはお兄ちゃんの手を引いています。

 

風が冷たくて 大人はついつい早歩き

お子さんは小走り状態です

突然!本当に突然!

お兄ちゃんの鳴き声が~

それも すごい音量!!

続いて お父さんの「泣き止みなさい!」の声が…

私自身も思い当たる光景です

2歳くらいの娘を連れてお出かけでした。

真新しいドレスを着せて、私も久しぶりのお出かけが嬉しくて

朝から準備にソワソワ おしゃれをしていました。

 

ところが…(今でも忘れない 中野サンプラザ前の道)

娘の突然のぎゃん泣きが始まりました。

もう歩けるのに、すぐに抱くのは甘やかし??

「泣かずに 訳をお口で説明して!」

娘の泣き声に 打ち勝つほどの勢いで迫ってみたり…

(きっと 表情も怖かったに違いない…)

どうしたら良いのかわからなくて

オロオロしてしまった記憶です。

 

この前、見かけた親子さんと同じです。

若いお父さんとお母さんの気持ちもわかります。

そして お子さんの気持ちも想像できました。

 

思わず、駆け寄ってお子さんの傍にしゃがんで

「寒いね~~」と背中をナデナデしたかった!

でも、何とか我慢!

それこそ、驚いてもっと泣かせてしまったかも…

まだまだ、言葉で自分の気持ちを表せなくて

泣くことでしか表現できないお子さんには

今の気持ちを察して 代弁してあげるのも解決法の一つです。

 

中野サンプラザ前で 号泣した娘には

「朝からママが忙しそうで不安になっちゃった?」

「ママはMちゃんと一緒のお出かけが嬉しいな~」

とか、状況とママの気持ちを伝えて

「安心してね~!」と ぎゅ~~ってしてあげたら良かった

と、今更ながら思い返しています。

 

芦屋・西宮・宝塚・神戸のベビーマッサージ・子育て相談

2018-01-20 | Posted in BLOG, 日常