BLOG

0歳は感性を育てる大切なとき

好奇心のある子供はいろいろなことに興味を持って育ちます。

親にとって、子供が瞳をキラキラさせて、一生懸命何かに取り組んでいる様子を見ることは

本当に嬉しいものです!

最近は幼いうちから、無気力なお子さんが増えていると言います。

それは、大人になっても生きていくうえでとても残念なことです。

ではどうすれば、好奇心いっぱい!のお子さんに育つのでしょうか?

 

赤ちゃんの時の感性が好奇心を育てます。

新生児期から、脳と感情面の発育はめざましいものがあることは幾度かお話してきました。

ただ、「待てば育つ」わけではなくて、

それには適度な刺激、なにより親の働きかけが大切です。

 

たくさん抱いてあげたり

ハイハイの足キック遊びをしたり

お座りができるようになったら、両手が動く楽しさを体験させてあげましょう

 

赤ちゃんが楽しむ反応=脳と感性への刺激

 

この脳と感性への刺激が 好奇心につながるといわれています。

今、ベビーが好きなもの、関心を持っているものを親の方が良く知って

楽しい刺激をあたえてあげてくださいね。

 

2014-04-09 | Posted in BLOG