BLOG, 子育て力アップ講座

卒乳のご相談にお答えしながら気づいたこと・・・

自然卒乳という考え、

つまり卒乳とは赤ちゃんが自ら母乳を止める時をいうそうです

 

確かに、6ヵ月から9ヶ月にかけてが断乳の時期といわれます

離乳食も始まるこの頃に お母さんは卒乳をしなくては・・・と

気になりますよね~

 

でも 私はお悩みのママに

「まだまだ 欲しいのなら良いのではないかしら・・」と、お答えしました

もちろん、いつまでも・・ということではなくて

自然とお子さんから離れていく時があるからです

 

ベビー期は栄養補給がメインの母乳は

成長に伴って 今度は心の栄養になるように思います

小さい時に、お母さんに抱っこされ、

充分に甘えて育った赤ちゃんほど、自立心が強くなるといわれます

 

ちょっと不安な時、寂しい時、こわい時、嬉しい時

安心できるのがお母さんにくっついている時ではないでしょうか

そして、いろいろな体験や 挑戦を重ねながら

お子さんの心が育って やがては自立の一歩をあゆみだす・・

 

そこで、気が付きました~~!

サロンに来られるママたちがよく言われていた

「突然もう、いらないって感じでおっぱいを卒業したんです」

「急に飲まなくなって 寂しいんですけど・・・」という言葉です

 

ベビーマッサージをされていて 断乳に困った~~って

言われるママが少ないことです

 

これも、マッサージ効果ではないでしょうか~?

ママに触れられることで、お子さんの心は充分満たされていること

 

これは マッサージによって 「幸せホルモン」という

オキシトシンが分泌されるので 心の栄養がになるのでは?

 

「今日から我が子のために 心を鬼?にして断乳しよう!」

「いつまでも、おっぱいいでは甘えん坊にならないかしら?」

子育てには母親として、責任からくる不安や心配も

たくさんあります

 

でも自信をもってくださいね~

ママの温もり、ママの笑顔、ママの優しい声が

ベビーは 何よりも頼りにして心が育っていくことを・・・

 

ベビーにたくさん触れてあげて

「大丈夫!!ママはいつもそばに居て

あなたを 応援しているのよ~安心してね!」

と、伝えてあげてくださいね!

 

芦屋・西宮・宝塚・神戸のベビーマッサージ・子育て相談

2017-11-10 | Posted in BLOG, 子育て力アップ講座